密葬と家族葬の違い

最近人気を集めつつある家族葬ですが、密葬と同じようなイメージを持っている人も少なくありません。しかし、その2つには明確な違いがあるので、自分がお葬式を行う側になった時のことも考えて、それぞれの特徴を理解しておくことは大切です。

密葬というのは、一般の方などが参列することなく、家族や近親者のみで行うお葬式のことを言います。しかし、基本的に密葬を行った後には一般の方も参加できる本葬やお別れの会などを開くというのが主流です。このような形式は、参列者が多くなりがちな、有名人や大きな会社の経営者の方が亡くなった場合などに取られることが多いです。

基本的に、家族葬の場合は密葬のように呼ぶ人を家族や親族に限定しなければいけない決まりなどはありません。似ている点としては、参列する人の人数が少人数という点です。しかし家族葬の場合は、一般的なお葬式と比べて流れなどに大きな違いはなく、お葬式が終わったあとで本葬やお別れの会を行うということはあまりありません。

少人数で行うという類似点からこの2つは同じものとして見られがちです。しかしそもそもの目的が違うので、2つが同じものではなく、異なる形式のお葬式であるということは理解してもらえるでしょう。